【ちょこっとトーク/第2回】あなただって、流しの下に骨を隠している

〝家庭〟って不思議です。

「国内」のことを ‘domestic’ といいますが、
この言葉には、「家庭内」の意味もあります。

要は「内っ側」という意味です。

海外に行ってみると、
国境を超えて入った「内っ側」には、
独特の文化や習慣があります。

外側の人間である外国人の目には
奇妙に映るものも少なからずあるし、
それを見つけ出すことが
海外旅行の楽しみでもある。

でも、外の人間がどう見ようとも、
内側ではそれが「当たり前」
ただそれだけのことです。

さて、「国内」と同じように、
「家庭内」でもけっこう奇妙なことが
多々巻き起こっています。

でも「家庭内」というのは
「国内」ほど多くの外の目が入り込まないエリアなので、
その奇妙さが温存されているのですね。

そんなようなお話をしています。

流しの下の骨

Podcast 購読してください!
新しい「話」が自動的に届きます。
無料です。

こちらから

podcast きりん屋/国本豊泰

同じような事例で、
こんな話もあります。

昔、友達の えりさんから聞いて、
ビックリこいたエピソードです。

文章でどうぞ。

*****

○えりさんの話○

わたしはYちゃんの家に遊びに行くのが好き。

Yちゃんのお家はお金持ち。
かわいい庭のついた広い家に住んでいるし、
外国の大きな車にも乗ってる。

わたしたちはいつもユニクロやファッションセンターしまむらで買った服を着ているけど、
Yちゃんはお母さんと一緒に梅田の阪急百貨店へ行って、そこに入っているブティックで買うんだって、言ってた。

Yちゃんのお母さんはとても優しくて、いつもにこにこしてる。

お茶の時間になると、いい香りのする紅茶と、ケーキとかクッキーとかシュークリームとか、とってもおいしいお菓子を出してくれるし、

わたしたちが帰る時は、
ひとりひとりの家まで、大きな車で送ってくれる。

ほんの少しの時間だけど、庶民のわたしたちもお嬢様気分。

だからわたしたちはみんな、Yちゃんの家に遊びに行くのが好き。

でも、Yちゃんの家に行く時、
わたしはいつも自転車で行くことにしている。

なぜって、車で送ってもらった子はみんな、
家に着いて降ろされる時、
Yちゃんのお母さんにお金を取られるから。

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメント

  1. 加藤江里 より:

    先生!!この話、わたしも覚えています。笑
    ほんとに度肝抜かれる話でしたよね。

    すっかり異文化に触れることに疎遠になった気がしてましたが、見方を変えれば日々に転がっているのかもですね。
    そう思うとワクワクしてきましたよ。

  2. くにもと より:

    出たー! 「えりさん」!笑

    ほんま、あなたのお友達のこの話はねー、
    きっと一生忘れられんへんわ。

    「こんなことあるの?!」ていうのと、
    「ああ、全っ然理解はできひんけど、でもあるんかなぁ」ていう理不尽な納得感と。

    異文化なんて、そっこら中に転がってる。

    それは「あるかないか」じゃなく、
    「見出だすことができるかできないか」なんでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です