【ちょこっとトーク/第6回】〝Thank you〟と「ありがとう」のちがい

たとえば、「よろしくお願いします」ていう言い回しは、日常的にめちゃめちゃ使います。
ところが、これだけ暮らしに密着した言葉でも、これを英語に訳そうとすると、難しい。

難しいというか、厳密には無理でしょう。

当たり前なんですが、何でもかんでも外国語に訳せるわけじゃない。
無理なもんは無理やし、伝えようがないものもたくさんあります。

でもえらいもんで、グーグル翻訳は何にでも答え出してきますねー。

「よろしくお願いします」は、英語にどう訳すか。

Thank you.

だそうです。
なるほどなあ。

かといって、この ‘Thank you’ を日本語に戻すと、
「よろしく〜」にはならない。

まあ「ありがとう」でしょう。

じゃあ ‘Thank you’ は「ありがとう」とイコールなのか?といえばーー

これはちがう!と私は思います。

前置き長なりましたが、そんなお話をしています。

この切り口からいくと、たぶん関西人の「ありがう」のほうが、東京人の「あがとう」より、‘Thank you’ に近い(笑)

スポンサーリンク

〝Thank you〟と「ありがとう」はココがちがう

Podcast 購読してください!
新しい「話」が自動的に届きます。
無料です。

こちらから

podcast きりん屋/国本豊泰

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です