天津空港から北京までの行き方/関空から格安LCCの春秋航空の国際線で

先日、ちょっと用事があって北京まで行ってきました。

近頃はピーチとかジェットスターとか、
LCC(格安航空会社)がたくさん飛んでいて、
韓国や香港・台湾なんかはビックリするような値段で行けます。

が、中国大陸にも、関空から
LCCの国際線が飛んでるんですね。

日本の国内線にも参入している
春秋航空です。

大阪や名古屋から、
中国のいろいろな街に飛んでいます。

ただ、北京には飛んでない…

で、私、今回は格安をあきらめてたんですが、
一つ手がありました。

北京の近くの都市、天津には
春秋航空の直行便があるんです。

関空から乗って、
北京にたどり着くまでをリポートします。

スポンサーリンク

春秋航空の予約から搭乗まで

今回、私の取ったチケットの値段は:

(行き)関空→天津 4,159円
(帰り)天津→関空 9,947円

でした。
税金とか、すべて込みの値段です。

異様に安いです(笑)

行きの4千円のはバーゲン価格で取りました。
春秋航空のバーゲンは
けっこう取りやすい印象でしたね。

帰りはこちらの航空券検索サイトで見つけた
旅行会社(シートリップ)で取りました:

スカイスキャナー

関空では他の航空会社(ピーチ以外)と同じく
第1ターミナルから出発です。

LCCなので足元は狭いし、
もちろん機内食など出ませんが(販売はあり)
これはどこも同じこと。

乗務員さんの物腰とか、
まったく不快なところはなかったです。

むしろ、機内の免税品販売が個性的だったり、
着陸前に体操タイムがあったり、
面白かったです。

2時間半くらいのフライトですから、
私はどうということはなかったですね。

天津の街中まで

曜日によっても違いますが、
夕方〜晩に天津到着です。

私の乗った金曜日の便は、
19時前に着きました。

空港からは地下鉄に乗って市内まで行けます。

春秋航空の到着はターミナル1なのですが、
地下鉄駅はターミナル2から接続しているので、
いったんターミナルビルを出て、右手方向に少し歩きます。

あまり人がいないので、気味が悪いという方は
上の階の出発フロアに上がってから
ターミナル2を目指すといいです。
電気のついた連絡通路がつながっています。

「交通中心」
「地鉄」
のサインに従って行きます。

天津空港

20160702_tianjin_metro

地下鉄の乗車券は、自販機で買えます。
が、機械の調子が悪かったり、
使い方がどうしても分からなければ、
窓口へ行って買うといいでしょう。

ホームへ降りる前には荷物検査があります。
X線を通すだけです。

空港駅から国鉄の天津駅まで、
約30分くらいで行きます。

北京までのきっぷを買う

北京まで行くのですが、私は天津で一泊しました。

19時前に天津空港着なら、
当日のうちに北京まで十分行けそうですが、
飛行機の延着があったりするといけないので、
余裕を見ての一泊です。

ただ、北京までの列車の切符は、
着いてすぐ買っておきました。
翌日ゆっくりできるので。

地下鉄を降りたら、

「火車站」(鉄道駅)
「售票」(きっぷ売り場)

の方へ進みます。

天津駅

天津駅

天津駅には北口と南口とありますが、
北口の方が地下鉄から近いです。

きっぷ売り場に入る前にもX線検査がありますが、
その向こう側にきっぷ売り場があります。

天津駅

私、残念ながら中国語がまったくできません…

が、幸い日本人は漢字がわかるので、
きっぷを買うときは紙に必要なことをメモして渡すと
それですんなり買えます。

・乗車区間(天津発の列車は「北京南」駅着です)
・乗車日
・列車番号
・座席の等級(一等/二等)
・人数

で大丈夫。

実際に私が係員さんに渡したメモは
これでした(往復いっぺんに買いました):

中国鉄道のきっぷを買うメモ

列車のチケットを買うには、
パスポートが必要です。

必ずメモと一緒に、係員さんに渡してください。

あと、列車番号は
事前に調べておいたほうがスムーズです

このサイトで検索できます:

AraChina中国列車チケット予約

買うこと自体は至って簡単。

天津/北京間は本数もめちゃめちゃあるので、
席数も多いです。

ただ、中国のきっぷ売り場は、
並ぶんですよねー

時間だけは十分に余裕を持って!

北口のきっぷ売り場が大行列なら、
南口の売り場に行ってみるのも手です。

天津駅

天津駅

こちらがメインの売り場で、そのぶん人も多いのですが、
北京行きの専用窓口があって便利です。

「售京津城際車票」と出ているところです。

天津駅きっぷ売り場

専用窓口は、北京に行く人しか並ばないので、
人が少ない。

その上、列車の本数が多いので、
「えー、満席なのー… それじゃあ… どうしようかな…」的な
時間のかかるお客さんが少ない。
列もさっさと進みます。

ただし、天津駅は巨大なので、
北口から南口まで歩いて5分〜10分かかります

その点はご注意を。

いずれにせよ、多少は並ばなくてはいけないので、
予定が決まっているのなら、
往復分、まとめて買うのがいいと思います。

ちなみに、「当駅発」でないきっぷの場合、
5元の手数料がかかります。

あと、駅でなく街中にも、きっぷ売り場があります。
「火車票代售処」というところです。

私は使ったことがありませんが、
すいてるようです(手数料で5元かかるようです)

天津の街中には、これだけあります:

■ 天津火車票代售点(中国語)

天津〜北京南の鉄道は、
最高速度 300km/H 以上で走ります。

わずか35分ほどの旅です。

北京南駅にも地下鉄が入っていますので、
市内各所に行けます。

天津空港からのバス

天津空港の到着ロビーに出たところに、
こんな看板を見つけました。

天津空港/北京のバス

バスがあるんですねえ。

乗車時間は鉄道よりずっとかかるでしょうが、
乗り換えとかきっぷの購入とかを含めると、
バスの方が早いかも。

ただ、中国の交通事情って、
事前にネットで調べにくくて(中国語ができないせいか)
確実な情報が取れないんですよね。

このバスの時刻表だって、
いつ変わるかもしれない。

というわけで、ご参考までに。

北京の宿/ここはおすすめ!

私、安宿マニアなので(笑)
今回、北京ではここに泊まりました:

ドラゴンキングホステル(Booking.com)

私はツインルームに泊まりましたが、

・宿の雰囲気
・清潔さ
・スタッフの応対

どれをとっても申し分なしの、
素晴らしい宿でした。

地下鉄の駅からとても近い上に、
胡同という北京らしい路地を入ったところにあって、
周りの雰囲気も抜群。

ここはおすすめできます。


事前に情報が取れない分、
中国旅行は何かと不安です。

ただ、いざ行ってみたら、
割と簡単に何とでもなるものです。

天津/北京間は、特に楽ですね。
本数多いから。

スケジュールに余裕だけは持って
気軽に行ってみてください!

わからないことなどあれば、
お気軽にコメントください。
私にわかる範囲でお答えします!

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメント

  1. 甘栗 より:

    天津空港→天津駅の地下鉄の運賃は何元なのですか?
    あと、天津市内中心部~北京市内中心部の高速バスとかはあるのですか?
    運賃、乗り場等の情報もあれば教えて下さい!

    • くにもと より:

      コメントありがとうございます!

      空港から天津駅までの地下鉄は3元でしたね。

      私は鉄道で行くアタマしかなかったので、高速バスの方は手持ちの情報がありません…
      ざっと調べたところ、天津で北京行きのバスが出ているらしいのは:

      ■天津天環長途汽車站
       ・場所: ここ
       ・運行: 6:20-19:00の間45分に1便。35元、所要2時間30分
       ・情報の出どころ: 『地球の歩き方 北京・天津 ’10〜’11』

      ■天津駅前広場
       ・運行: おおむね30分間隔、30元。
       ・情報の出どころ: こちらのサイト

      ■東北角長途汽車站
       ・場所: このあたり
       ・情報の出どころ: 同上

      出しといてこんなこと言うの何なのですが、
      ガイドブックやネット上の情報は、旅行については参考程度にしかなりません。
      もし天津で少し時間が取れるようなら、街歩きがてら行ってみるのが一番確実です。

      実際に行くのが難しければ、ホテルの人など地元の人に尋ねることですね。
      この場合、尋ねる人が多いほど、情報の精度が上がります。

      行く前に確実なところがわからないのは不安ですが、
      現地で調べることを一つの楽しみになさってください。
      いざとなったら鉄道という手がありますから!

      • 甘栗 より:

        バス情報ありがとうございます!
        自分でも調べてみた所、今月発行の最新の地球の歩き方によると、天津天環長途汽車站から運賃42元で本数が1日2便と載っていました。

        東京羽田~上海浦東(Peach、手数料等全部込で往復¥10950)
        上海虹橋~天津浜海(春秋航空、手数料等全部込で片道¥3270)
        飛行機に関しては今回このルートを使って上海・北京などを回る予定です。
        関空~天津のルートの春秋航空はまたの北京訪問機会があれば検討してみます。

        • くにもと より:

          上海経由で行かれるのですね!

          今のところLCCはあまり北京に入ってないようなので、
          不便といえば不便ですが、その不便を楽しみましょうか。

          私もこの機会がなければ、天津の街を歩いたり、
          300km/hで飛ばす鉄道に乗ることはなかったでしょうし。

          上海もあわせて、よい旅になりますように!

  2. 烤鴨 より:

    北京:万里路青年酒店(Dragon King Hostel)に私も宿泊予定です。
    じゃらんでセールをしていたのでドミトリー6泊計、約¥3200で予約しました。
    この宿についていろいろ知りたい点があるので、わかる範囲で教えて下さい。

    1.洗濯について
    コインランドリーのような洗濯機、乾燥機はありますか?または洗濯を干すような場所はありますか?洗剤は準備されているのですか?

    2.トイレ、シャワーについて
    シャワーのお湯の温度や水圧、使い勝手とかはどうでしたか?トイレは洋式だと思いますが、キレイですか?

    3.食事等について
    宿にレストランがあるようですが、どんなレストランですか?1人分の定食メニューとかありますか?値段はどうですか?また周辺に安く食事ができる所とかあるのですか?

    4.買い物について
    調べたところ、近くにセブンイレブンがあることを発見しました。その他、近隣にスーパーやコンビニ等はありますか?また宿に客が使える電子レンジなどは置いてありますか?

    5.北京版Suica、交通カード「一卡通(イーカートン)」の貸し出しが宿であるという情報を見つけたのですが、これは本当ですか?宿での貸出時・返却時の要領とか知っていますか?

    6.その他
    チェックイン時に必要なデポジット額、宿のインターネット・パソコンについて、スマホ充電の電源等について、宿で困ったこと、持っていくと便利なもの、その他気付いた点や感想など何でも教えて下さい。

    中国へ行くのはまだちょっと先の話なので、お時間のある時にわかる範囲でご回答いただければ幸いです。長々とした質問で大変恐縮ですが、宜しくお願いします。

    • くにもと より:

      ありがとうございます!
      私、一泊だけで、しかもツインルームやったので、ちゃんとお答えできることが少なくて心苦しいですが…

      1.洗濯
      コインランドリーの記憶はありませんねー。
      ランドリーサービスがあるようなので、宿としてはそちらの利用を推奨するんでしょう。
      これは一般論ですが、ゲストハウスのランドリーは割と手頃な値段でやってる場合があるので、スタッフに尋ねてみていいと思います
      (ここのスタッフは明るくて気さくで、フロントも話しやすい雰囲気でした)

      最悪、洗剤があれば、シャワーの時に一緒に洗うことはできます。
      ドミやったら干すところが大変ですが、他の旅行者がどうしてるか、見てみてください。
      誰しも洗濯の必要は抱えています。なんとかしているはずです。

      長期旅行なら、洗濯ロープを持っていくと何かと便利ですよ。
      現地で適当なヒモを買ってもいいです。

      2.トイレ・シャワー
      私の泊まった部屋は、温度・水圧とも問題なし。
      大変快適でした。
      バスルーム(+洋式トイレ)もとてもきれい。

      私の部屋だけでなく、全館、「そうじがとても行き届いているなあ」という印象です。
      おそらくは、大丈夫だと思います。

      3.食事
      私、レストランには行かなかったので、そちらの知識はありません。
      そんなのあったっけ?という印象です(笑)

      宿の向かいが火鍋屋さんで、地元の人で大人気でした。
      みんなビール飲んで鍋つついてます。
      推測ですが、値段も高くないと思います。

      街中なので、食堂はポツポツ点在しています。
      ただ、こういうのはいざとなって探すと見つからないものなので、お腹の空いてない時に、散歩がてらチェックしておくことをおすすめします。

      4.買い物
      地下鉄の通りまで出て、道を渡った左手にコンビニがありました。
      スーパーは…ちょっと覚えないですね。

      共用キッチンのようなものはなかったと思います。
      レンジもおそらくないです。

      5.イーカートン
      これは全くわかりません。

      6.その他
      デポジットはチェックイン時に100元預けました。
      私、チェックアウトの時に預けてるの忘れてたのですが、何も言わないでも返してくれました。

      宿はWIFI飛んでます。
      確かに使えました。
      が、あまり質のいい電波は期待されない方がいいでしょうね。

      ツインなので電源は問題なくあり、スマホの充電はできました。
      ドミはちょっとわかりません。

      宿で困ったことは、私はほんとになかったんですよね。
      もし何かあれば、上でも言いましたが、フロントのスタッフに遠慮なく聞いてみたらいいですよ。
      親切に教えてくれると思います。

      あとドミに泊まられるなら、他の旅行者は何より貴重な情報源ですね。
      思い切ってじゃんじゃん話しかければ、それだけ分、いろんな情報が手に入るでしょう。

      6泊で3200円とは、大変安い!
      長い滞在でうらやましい限りです。
      楽しんでらしてください!

  3. 上海 より:

    無事中国旅行から帰ってきました

    北京の宿:万里路青年酒店(Dragon King Hostel)について

    1.洗濯はフロントに頼むと1kg=20元で受け付けてくれる、ただし返却まで丸1日かかるらしい、コインランドリーは設置無し(結局、次の宿泊地で洗濯しました)

    2.ドミトリーの共用シャワーについてはお湯の温度は熱く問題無し、ただし水圧はやや弱い、バスタオルは無料で貸し出し、シャンプー(白色)・ボディーソープ(青色)も準備されていて親切、ただし排水についてはやや難があり、入浴前に排水口蓋を掃除しておいた方が良い(詰まっている髪を取り除くべし)

    3.近所のセブンイレブンでは朝食の粥、昼~夜は作り立て弁当も販売、値段も安くとても便利、他に雑貨屋はあるがスーパーらしいスーパーは周辺に無し

    4.Wifiは無料、ロビーには共用パソコン(15分1元)もある、ただしプリンターは無し

    5.チェックイン時にドミトリーの個人ロッカー用の南京錠を無料貸し出し

    6.バー&レストランがあり、朝食は25元程度で食べられる、夕食もあるようだ

    7.ドミトリーでは各ベッドにコンセントあり、ベッド毎にカーテンもあり、部屋・トイレ・シャワー共にきれい

    8.ホステル受付ではミネラルウォーターを2元で販売、キッチンは無し、カップ麺のお湯は受付に頼めばすぐに分けてもらえる(ロビーのソファーでも食事ができる)

    9.北京版Suica、交通カード「一卡通(イーカートン)」は地下鉄駅で買うしかない、ただし返却は宿の最寄り駅では不可(北京空港、王府井、北京站他など限られる)

    10.最寄りのバス停(徒歩2分)から北京南駅、北京西駅、天壇北門、王府井近く、北京駅近く等へ直通のバスあり、「一卡通(イーカートン)」を使えば片道1元で移動可能、意外と時間もかからない(バス停の間隔が地下鉄駅並みに長い)

    11.無料の北京地図等の配布は無いので、空港や観光案内所などで自分で入手すべし

    今後宿泊予定の方はご参考までに

    • くにもと より:

      詳しい情報をありがとうございます!
      文面から察するに概ね満足な滞在をなさったようで、よかったです ^^

      この宿の周辺もそうですが、北京の下町には飾らない情緒があっていいですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です