徳島発/関西空港まではリムジンバスでなく、予約不要のフェリーで

「徳島へ行くにはフェリー!」というお話を、こちらでしました:

ただ、この話というのは、どうしても大阪人目線です。
「大阪から徳島へ行く」というベースの話になっています。
そうなると、フェリーって確かにいいのですが、「フェリーもいいよ」くらいに話になってしまいます。
ところが、徳島の人から見ると、この話が大きくちがってくるようです。
時と場合によっては、「フェリーしかない!」くらいの状況も出てきます。
その状況というのは……

スポンサーリンク

関空行きでいよいよ発揮されるフェリーの強み

子連れで徳島に行った時、お会いして一緒に食事をした徳島県人たちに、
「フェリーよかったよ!」
という話をさんざん吹聴してきました。

すると後日、そのうちの一人、Rさんという女性から、
「フェリー旅を実践した!」
という連絡をもらったのです。

「フェリー ハマっちゃいそうです💓」

ということでした。
相当よかったようです(笑)

よくよく聞いてみると、Rさんの場合、
私の子連れ旅行よりもずっと有意義な使い方をしていたことがわかりました。

Rさんのこの場合、また、徳島人のこの場合、
なるほど確かにフェリーが一番だわ!
と納得しました。

Rさん、韓国旅行に行ってきたそうなんです。
そう、関西空港への行き帰りにフェリーを使ったのです。

この場合、フェリーという選択肢はめちゃめちゃ強いのです!

徳島と関西空港を行き来する公共交通機関というと、
ポピュラーなのはやはりバスです。

いくつかの切り口から、
バス(徳島駅〜関西空港)とフェリー+南海電車(徳島港〜関西空港)とを比較してみましょう。

(1)運賃
・バス: 3,700円(往復利用時の片道あたり)
・フェリー: 2,000円(片道)

(2)所要時間
・バス: 2時間45分
・フェリー: 約3時間〜3時間半強(乗り継ぎの具合による)

(3)関西空港への始発便
・バス: 4:45 徳島発 → 7:30 関空着
・フェリー: 2:55 徳島発 → 6:28 関空着

運賃については言うまでもなしといったところです。

所要時間も、大阪市内へ行く場合と比べれば、バスとフェリーとの差が縮まります。

関西空港というのは、大阪府の和歌山寄りにあります。
言い方を換えれば、徳島寄りです。

この条件はフェリーに有利に、バスに不利に働きます。
ルートを見比べると一目瞭然です。

徳島から関空までのバスルート
バスのルート(徳島〜淡路島〜神戸〜大阪〜関空)

徳島から関空までのフェリー経由ルート
フェリー+電車のルート(徳島〜和歌山〜関空)

あと、バスで怖いのは、交通渋滞による遅延です。

実に大阪湾を2/3周ほどするバスのルートでは、距離が長い分、遅延のリスクも増します。
連休の時などは、特に注意が必要です。

そして3点目の始発便。
これがフェリーの一番の強みかもしれません。

フェリーは深夜便があるんですね。
これを使うと、バスで行くよりも、約1時間早く関西空港に着くことができます

たかが1時間です。
が、この朝の1時間は、関西空港の出発ラッシュアワーなのです。

国際線出発便ーー2016年2月20日(土)の場合
関空 朝の出発便(国際線)

国内線出発便ーー2016年2月20日(土)の場合
関空 朝の出発便(国内線)

バスなら間に合わない…
でもフェリーなら間に合う!

というフライトが、たくさんありそうです。

こうして見ると、徳島人が関西空港を利用するのに、
フェリーこそがベストのチョイスになる場面は多そうです。

ただし逆に、フェリーにもリスクがあります。

それは、悪天候を受けての欠航です。

ちょっとくらい暴風が吹いても、
高速道路が通行止めにならない限り、バスは走ります。
自動車は悪天候に強い。

それに比べて、フェリーが欠航になるハードルは、バスより低いです。
そもそも、暴風の中、船に乗るのもイヤです(笑)

徳島の人の間では、フェリーの存在がもっと浸透しているのかと思っていました。
少なくとも大阪の人間よりは。

ところが、上記のRさんは、私から話を聞くまで、
「フェリーに乗る」という想定が全くなかったようです。
大阪へ行くのも、関空へ出るのも、「とにかくバス」という感じだったそうです。

徳島のみなさん、フェリーは使えますよ。

ただし。
フライトの前に利用する場合は、
くれぐれも、
時間に十分ゆとりを持ってくださいね!

【参考】

■ 好きっぷ2000(南海フェリー)

  • 徳島港から関西空港・大阪・高野山までが、なんとたったの2,000円
  • 定時性と始発便の早さからもおすすめ
  • 乗船に予約は不要です

■ いっそのこと前泊してしまうなら…
関空島には高級ホテルしかありませんが、対岸の泉佐野にはかなり安く泊まれるところもあります。
例えばこちらなんかは2,000円〜なので、わりと気軽に前泊もできます:

ロッジ長二郎(JTB)

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です