旅行系比較サイトを効率よく使いこなす方法/ホテルでも航空券でもツアーでも

先日、合宿免許について書きました:

教習所をまとめた比較サイトがあるのですが、
たくさんの行き先があって、それぞれの条件を出しています。

選択肢は多い方が、まあいいのですが、
検討して、選ぶのがけっこう大変ですよね…

というようなことを、サイトを見ながら考えていたのですが、
思えばこの「比較検討」という作業の大変さは、
何も合宿免許に限ったことではありません。

ホテルの予約なんかも、
いまは比較サイト(まとめサイト)がいくつもあります。

移動に使う交通機関も、
鉄道・飛行機・バス・レンタカーと、
複数ありますね。

「あの国へ行きたい!」というときに、
パッケージツアーを使うのなら、
それこそ比較!比較!です。

この比較検討、
ニガテな方も多いと思います。

そこで今回は、「最短で満足のいく選択肢を選び出す」ための方法
お話しします。

しっかり「方法」を固めて、
それに乗っかる形で進めていけば、
決して難しいことでも、
それほど時間のかかることでも、
なくなります。

スポンサーリンク

比較する者の心得とは?

比較検討に当たって、
最も大切なのはただ一点。

条件をハッキリさせること!

これに尽きます。

旅行にしても合宿免許にしても、
「どこかへ出かけよう」と思ったとき、
たいていの人はいくつかの条件に
自動的に縛られています。

その条件を、「だいたいこれくらい」ではなく、
ちゃんとハッキリさせておくということです。

頭の中で思い描くだけじゃなく、
紙に書き出してみるのがオススメです。

私たちの縛られる条件というのは、
だいたい次の3つですね:

  1. 予算
  2. 日程・期間
  3. 自分自身の思い

これ、たいていの人にとっては、
上から順に重要度が高いです。

具体的にお話ししていきます。

1.予算「いくら使えるか」

「○○円」という具合に、
金額を書き出しておきましょう。

「できるだけ安く」というあいまいな感じで止めていては、
比較に入ったときに余計な時間や労力がかかってしまいます。

ただ、「ズバリ○○円!」と決めるのも難しいでしょうから、
「○○円〜○○円」というふうに、
幅を持たせても構いません。

要は一旦最高額と最低額を決めてしまうこと。
で、その範囲の外にある選択肢はしっかり無視することです。

「10万円まで」と決めていても、
「あー、あと1万円出せば、こんないいのがあるのかー」となりがちです。

わかります。

わかりますが、「10万円まで」と決めるのなら、
それ以上の選択肢は見ないこと。

もし、頑張ってあと1万円出せるのなら、
10万円というのは上限ではないわけです。

しっかり決めましょう。

そして、一旦決めたらブレないことです。

2.日程・期間「何日から何日までなら行けるか」

社会人でも学生でも、
今はみんな、多かれ少なかれ忙しい。

日程という条件は、
一番決めやすいかもしれません。

というより、すでに決まっているという場合が多いでしょうね。
お仕事などの都合で。

これもちゃんと書き出しておきましょう。

ここまでの2項目、予算と日程というのは、
完全に自分の好みで決められる条件ではなく、
そう決めざるを得ない、いわば「制限」みたいなもんです。

そりゃ私だって、
100万円くらい使って、
1年くらいかけて、
インド全国を巡ってみたい。

でも、無理なわけです。

そういう条件なので、
決め(させられ)るのはツラいけど、
ある意味簡単に決まります。

問題はここからです。

3.自分自身の思い「どこへ行きたいか、何をしたいか」

そもそも「出かけよう」と思い立つのには理由があります。

この思いだけは、誰に指図されるものでもなく、
自分で自由に決められるものです。

でも、上の2つの現実的な縛りを受けて、
この思いは削られていくことになります。

120%思い通りの旅を作るのは、
最初から無理な話なのです。

残念ですが、こればっかりは仕方ない。

この現実を受け入れることから、
プランニングは始まるのです。

具体的にはやっぱり、
やりたいこと全部、
まずは残らず書き出していくといいでしょう。

で、それぞれについて、

「◎ これは絶対に譲れない」
「○ これはぜひやりたい」
「△ これは無理ならあきらめる」

くらいに仕分けするといいです。
たとえば、

◎ シンガポールに行きたい
◎ 動物園のナイトサファリに行きたい
○ マリーナベイサンズに泊まりたい
○ シーフードを食べたい
△ フィッシュヘッドカレーを食べたい
△ マレーシアにも寄りたい

もっとたくさんあるでしょうが、
まあこんな感じです。

ぜんぶ「◎」にしたいですが、
そこはシビアに。

◎/○/△ではやりにくければ、
上から順にランキングしていってもいいです。
その方が逆に決めやすいかもしれません。

で、この仕分け/ランキングのリストと、
上で固めた1.2.とを突き合わせながら、
比較を進めていくわけです。

この突き合わせ作業、
ベースになるのは、残念ながらやはり、
1の「予算」と、2の「期間」です。

この2つをベースにして、その縛りの許す範囲内で、
3.の「思い」を上位からできる限り入れていく。

情も涙もありませんが、この順番を徹底することで、
実現可能なうち最高の選択肢をつかむことができます。

構想をふくらませるのは楽しいですが、
ある程度から先になると、
今度は逆にしぼませていかなくてはなりません。

でないと何も決まらないし、何も形にならないもの。

形を固めるときは、クールに行きましょう。

そのうち、クールに切り捨てながら固めていくこと自体にも、
楽しみを見出せるようになります!

クールなだけでも、ショボい計画に…

ただし、「あれもいいなあ」「これもしたいなあ」という思いを広げる段階は、
まず最初には絶対必要です。
ここが欠けると、
単なる「適当に決めた計画」になってしまいます。

夢や希望や妄想を広げる楽しみもしっかり味わう。
で、そのあとはバッサバッサとクールに。

参考にしてみてください。

まめに書き出していくのがコツですよ!

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です