ラオスでは、あえて両替しないのもいい

こないだの年末、13年ぶりくらいに
ビエンチャン(ラオス)を通りがかりました。

ラオスという国では、自国通貨の「キープ(kip)」だけでなく、
米ドルタイバーツも使うことができます。

換算レートは:

US$1= 8,000kip
THB1= 250kip
(2017年12月現在)

このレートは、街のみんなが知ってるので、
個人経営の小売店でも支払いに使えます

タイからメコン川を渡って入国して、
ちょっとだけ滞在して、
またすぐタイに戻るという旅行者にとっては、
いちいち両替する手間が省けて便利です。

とはいえ、ある種の旅行者にとっては
こういう便利さがリスクになり得るときもある。

どんなタイプの旅行者かというと、
「数字に弱い人」

私もバッチリそうです💦

スポンサーリンク

ラオスキープはお店のお釣りで入手する

ワッタイ空港(ビエンチャン)の売店では、
こんな感じで3種の値札を出してました。

ビアラオ1缶が、
24,000キープ or 3ドル or 120バーツです。

本来、1バーツは250キープなので、
24,000キープの品物の代金が「120バーツ」というのは
ちょっとおかしいです。

まあ、ここは空港の出発ロビーなので、
ややこしい端数が出ないよう
「US$1=THB40」ていうザックリレートに基づいて
値段を出してるんですね。

街中のお店なら、
「24,000キープ」は
しっかり「96バーツ」で換算してくれます。

つまり、100バーツ札を払ったら、
きっちり 4バーツ分=1,000キープのお釣りをくれます。

ちなみに空港なので、
このビールの値段はめちゃめちゃ高いです。

街中のお店なら
1缶7,000キープくらいですかね。

つまり、1ドル札を渡せば、お釣り1,000キープ、
30バーツ払えば、500キープのお釣りが返ってきます。

ちなみに、
「20バーツ札1枚+2,000キープ札1枚」
という形で混ぜて払うことも、
もちろんOKです。


ーーというような話がサクサク頭に入ってくる人は、
初めての国に入って
初めての通貨を扱うことになっても心強いですね🌸

私は暗算ができないので、
このお話を書きながらでも、
いちいち迷って紙にメモしたり
計算し直したりしています💦

私のようなタイプの人は、
国境を越えてしばらくの間は、
お金の使い方に細心の注意を払った方がいいです。

勘違いや計算まちがいから
思わぬムダ遣いをしてしまう恐れがあります。

新しい国に入ったばかりのときというのは
ただでさえ、どこか平常心じゃないですし。

子どもにもできるような計算も、
いちいち電卓を使ってやる!

くらいの感じでいいと思います。

ややこしいけど、こういうのが楽しい

ベトナムなんかも米ドルを使えたりしますが、
3種類を使えるのは、
このあたりではラオスと、
カンボジアの一部くらいですかね。

けっこう珍しいです。

事前に銀行で両替しといて、
すべてラオキープで支払うようにしておけば、
暗算できない派の旅行者でも安心ではある。

でも、ここはあえてキープを持たず
タイバーツとか米ドルとか、
いろんなお金で払ってみるのも面白いですよ。

換算レートが暮らしの一部になってる地元の人たちは
このへんの計算も一瞬でこなします

どのお金で払っても、
適切な額のお釣りを、
さっと出してくれます。

でも、弘法も筆の誤りで
地元の人にも計算間違いがないわけじゃない。

万が一、悪意を持ってお釣りを少なめにされることも、
まあ、可能性としてはゼロではない。

だから旅行者としても、
一応はできるだけ計算しながら払った方が
面白いですけどね。

名所でも世界遺産でもありませんが、
こういうのも、
その土地にしかない独自の魅力です。


【計算ドリル】

以下、今回の滞在で私が実際に使った額です。

米ドル/タイバーツ主体で払うなら、
いくら出したらいいでしょう?
また、いくらのお釣りが来るでしょう?
(US$1= 8,000kip、THB1= 250kip)

(1)ボトル入りの飲み水 2,000キープ
(2)市内バス運賃 5,000キープ
(3)ビアラオ 大ビン 9,000キープ
(4)街から空港までのトゥクトゥク 50,000キープ
(5)メコン川沿いにある潮州料理店の食事代 133,000キープ





解答例

(1)
・1ドル払って、6,000キープのお釣り
・10バーツ払って、500キープのお釣り

(2)
・1ドル払って、3,000キープのお釣り
・きっかり20バーツ

(3)
・2ドル払って、7,000キープのお釣り
・1ドルと1,000キープ払ってきっかり
・40バーツ払って、1,000キープのお釣り

(4)
・7ドル払って、6,000キープのお釣り
・6ドルと2,000キープ払ってきっかり
・きっかり200バーツ

(5)
・17ドル払って、3,000キープのお釣り
※20ドル札なら、お釣り27,000キープ
・540バーツ払って、2,000キープのお釣り
※600バーツなら、お釣り17,000キープ

☆この他にもパターンはたくさんあります
☆間違いがあれば(ありうる 笑)コメントでご指摘ください

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です