二千円札で小さく変わる暮らし

財布の中に現金がなくなったとき、
私は口座から2万円ずつ下ろすことにしています。

これは学生時代からの習慣なんで、そこそこ長いのですが、
思い返せば昔は、
この2万円、
そのまま財布に収めるのでなく、
一旦あるものに替えてから入れてました。

スポンサーリンク

二千円札の効用

そのあるものとは、二千円札です。

2万円下ろしたら、
それを二千円×10枚に両替してから
持ち歩いてたのです。

二千円札が発行されたのは2000年。

私がこれ一番やってたのは発行から数年後くらいのことですが、
当時でも二千円札は、普通に暮らしてる限り、
まず出会えないレアな存在でした。

1万円札2枚も二千円札10枚も、
同んなじ2万円です。

でもその持ち方を変えるだけで、
日常からの抜け穴っていうか、
それきっかけに色々と
些細にちがったことが起こったものです✨

  • お店のお姉さんの、札を受け取った手が一瞬止まった
  • 中には「珍しいですね!」て話しかけてくる店員さんもいたり
  • また中には「あ、珍しい!」と感じてても、「リアクション取るほどでもないぞ」と自制してる感じがうかがい知れる店員さんもいたり
  • マレーシア行ったとき、やや不安を感じながら両替所で出してみたら、まったくスンナリ受け取ってくれて、海外まで来たら意外とこんな感じかと思ったり

いずれも小さなことですが、
千円札や一万円札の生活では味わえない
日常からの逸脱です。

当時は銀行の両替機で難なく入手できました。

でも今はダメですね。
久しぶりに行ってみましたが、
機械に入ってませんでした…

何件か回ったんですけどね。

二千円札って図柄も綺麗で、
「偉人」の絵が載ってないのも斬新で、
いいのにねえ…

たぶん大きな銀行や郵便局の窓口に行って頼んだら、
替えてくれるんじゃないかと思います。

私もいっぺんそうしてみたいと思ってます。

でもまだやってません。

何となく恥ずかしいので 笑

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です