値段でも豪華さでもない、ビジネスホテル選びのもう一つの物差し

前に泊まったビジネスホテルで、
部屋に入るとテーブルの上にこんなものが置いてありました。

スーパーホテル

わざわざこんなことしてくれんでも…

てすごく思う。

これ手書きですからね。

仮にどの部屋の文面も同じだとしても、
手を動かす労力はかかるわけで。

でも、悪い気持ちにはならないんですよ。

決してならない。

ホテルってかなり競争の厳しい業界ですが、
コツとはこういうところにあるのかもしれません。

確かにこのホテルは、
手書きのカードという「他には(あまり)ないサービス」を
提供しているわけです。

スポンサーリンク

ビジネスホテルの宿泊客が求めているもの

ビジネスホテルって、
お客さんはたいてい「あー疲れたー」と言いながら部屋に入ってくる。

疲れを癒すものというのは、
何もお風呂やマッサージや高級ベッドだけではない。

心の疲れというのは一番タチの悪い疲れですから。

このカードを置いてくれたのは、
こちらのホテルです:

スーパーホテル東京・赤羽(じゃらん)

スーパーホテルって、
チェーンのビジネスホテルです。

あちこちにあります。

割と新しい会社ですね。

黄色いイメージカラーの派手めなホテルで、
「へー、こんなのできたのかー」と思ったのを覚えています。

そしてその後、
見る見るうちに増えていきました。

このホテルチェーン、
「朝食無料」が売りだったんですね。

今でこそさほど珍しいサービスではありませんが、
当時は斬新でした。

何よりお得ですが、
「朝ごはんちゃんと食べてね」という
手書きカード的なホスピタリティが読み取れなくもない(笑)

小さな心遣いながら、
意外とリピーターを呼び込むパワーがあるのかもしれません。

私が上のカードをもらったのは
1年半ほど前です。

今でもやってるのかなあ。

もしやってなければ、
何かしらの考えがあって、
やめたんでしょう(笑)

ホテルって普通のショップや飲食店より
長い時間滞在するところです。

「睡眠」という
めちゃめちゃ大事な活動の場でもあります。

そういう業種の施設で、
単なる値段や豪華さだけじゃなく、
こんなカードのようなサービスが
高く評価される世の中であってほしいものです。

RSS

人気ブログランキング
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です